FC2ブログ

ネパール~カトマンドゥ編前半⑥

10月1日 今日もタメルに戻ってきた。
(詳しくは11月3日、4日エベレスト街道編に記載しています。)

疲れすぎて考えるのも面倒だ。 
つっぷして寝たいが 朝からチャイを飲んだきりだったので 仕方ない何か食べに行こう。

きっかけは まほろばのパンが売ってなかったからだ。
どうしてもクリームパンが食べたくて 初日から行ったのに全部なくなっていた。 そこに行けば何でも揃うから便利だったが これを機に小さな店で買い物することにした。

確かkiskusという名前だったかチーズ味の小袋スナックが美味しくて たいがい軒下に吊るしてあるのを指さして取ってもらう。 ジュースはいつも決まった所で 瓶を返せば5R安いからその場で飲む。

ただ対面販売で英語が通じない事もあり 多少不便に感じることもあった。
化粧水の事をローションと言うと乳液しか出してこないし タンポンもゴムに始まりメントスに至るまで想像力は限りなく 指から箱のジェスチャーに変えトランプが出てきた時点で諦めたが 切羽詰ってると思われたなら何か切ない。 

物によっては日本の方が安いし 外国人が多いからどこ需要なのかと思うものもあるし 缶詰については未知の領域だ。 どこにいっても女性用スポーツ下着がなく ブリーフを勧められた時は悲しくなった。

最後まで揃わなかった日用品なんかは スーパーに買いに行ったが それまで連日何軒かたずねてみた。
とにかくありとあらゆるものの値段がマチマチだから 此処はいくらなんだろうとワクワクしたりする。
言っておくが質についてはまた別の話だ。

明日カトマンドゥを発つ。



tamel2.jpg





ネパール~カトマンドゥ編前半⑤~

9月30日 フライト全便キャンセルの為 タメルに戻る。
(詳しくは11月2日エベレスト街道編に記載してます。)

空港の重苦しい感じも タメルに着く頃ずいぶんと希釈されたような感じで 唯一フロントのNさんやスタッフの残念だったねという表情が 私の半日を物語った。
現実いつ飛行機が飛ぶかわからないし 部屋は確約できないほど混んできているようで 明日以降の宿をあらかじめピックアップしておかなければならない。
つっぷして寝ていたいが 仕方がない宿探しに出かける。 タメルになければ いっそボダナートに移ってもいいだろう。 タメル以外は初めてだ。

ここタメルは特殊な場所で 数日もすれば誰でも色々とわかってくる。 おかげで今回は 山前後に2,3日と最初から決めておいた。 
前回ここに長居していたから 何処に何があり1週間何を食べるかくらいは すぐに書きとめられるが それは単に慣れであって 私が自由に過ごしているとは決して言えない。
未だに目の前の現実を見て思考がとまることさえある。

今回は出会う暇もなかったが 入り組んだ路地の薄暗い食堂で本を読んだりトランプをしたりする若い外国人達や 私にはおつまみの様に見える貧困層の晩御飯を買うマダムや 毎年数か月ここで生活する人なんかもいて 私にとって彼らの方がはるかに偏りがなく自由だと思える。 今もいるだろう。
中には宿代から食事代諸々に至るまで一日5ドル以下でやっているという極限の人や 夜はロウソク シャワーはタライの水という生活をしても 十分に満足しているようだ。

彼らは先進国の一般的な人達で まず日本で出会ったことがないが 色々と考えさせられるキッカケを与えてくれた。 もちろんタメルという限られた場所の話だから 2か月でもまわりきれなかったネパール なかなか広い。

次は何年後だろうか。 飛行機も飛ばないし 少しくらい自由になるのも悪くないだろう。 

通りに出ると 掘り起こしっぱなしだった道を舗装している最中で ただでさえ混んでいる往来に加え 軒の連なる店からも人が出てきて 歩道はものすごい人だかりになっていた。
狭い店の中は思った以上に真っ白に煙り人影が見えるような気もする。 アスファルトも煙を上げているがサンダル履きが既に歩いていく。

何故だか急に今日でタメルも最後かもと思えてきたので 宿までカメラを取りに戻った。



smokey.jpg


ネパール~カトマンドゥ編前半④~

9月29日 朝食は チョコドーナツとお湯。

あらかたパッキングを終え 後はATMに行くだけだ。  さてとバックパックを背負ってみると 背板が当たって痛いので曲げてみたら楽になった。 先が思いやられる。

ここ2日タメルで ダウンウェア上下 バックパック 両ステッキ 靴下 UVクリーム110等を買った。 
前回の寒さが身にしみているものだから ダウンは必須。 ただこの時期ダウンパンツを扱っている店がなく 随分店を回ってようやく良いのを手に入れたものの その店にはジャケットがなかった。 
また立ち寄った店に行き聞いてみると いいズボンだとか穿かせてとかいうがジャケットは見つからず 昨日の夕方ようやく手に入れた。 店の男は他に欲しいものはないかと聞くと だいぶ値切ってくれクリーム以外バックパックにつめた。
なんだかワクワク感がとまらない。 私の戦利品とでも言いたいくらいだ。

といっても良いように言えば 見た目と期待感だけがその役目といえる代物だから 使ってみた感想は山から帰ってきた後だ。 似たような物を扱っている店は多いが値段はまちまちだし レンタルを扱っている店もある。
ただ色々と店をまわったものの ノースフェイスのオリジナルTシャツはヨソにはなかった。

ATMに行く。 いよいよ明日出発で天気が気になる。 弱気にナムチェでもいいかなと思ったりするが まさかパクディンまでじゃないだろうな。 禁酒もしてるしなぁ。 

今日はおとなしく昼はカレー夜はステーキ。




berber.jpg



ネパール~カトマンドゥ編前半③~

9月28日 朝パンケーキのおいしい店に行く。  ウェイターは熱心に日本語の勉強 「ハチミツトーストハオイシイデス。」

昨日はエアは抑えたが どう見積もっても日が足りないので 支店まで変更しに行く。 
今朝はあっさり発券してくれ 昨日はどうしたのか。 間に昼休憩をはさむほど待たされたと言うと 
今週は席がなく 片っ端から電話をかけまくって たまたま30日の3便に1席だけ空きを見つけてくれたらしいが どんなシステムなんだか しかもオープンでリコンファーム。 でも管理はシンプルだった。

そのあと買い物。 (また後日に)

とにかく山に行けば限られた食事になるのだからと思い 昼はカフェで おろしハンバーグセット 夜は日本食レストランで とんかつ定食。 

朝食用のチョコドーナツを買った帰り タメルチョークで人だかり。 
アジア人グループとローカルのイザコザに公安がやってきたようで しばらくその様子を見ていたが何の変化も起こらず おもわずドーナツに手をのばしそうになった。
しかも計画停電が始まり 足元が見えにくいまま宿に戻った。



craft.jpg




ネパール~カトマンドゥ編前半②~

9月27日  朝食にHotbreadのシナモンロールと紅茶。  この路地を眺めるのが好きだ。


カトマンドゥといってもタメル地区のことをいっているのだが 2年前タメルに一か月ほど滞在している。 
山から戻るとアユールのクリニックに通い 大分体調も回復してきたので 4度目の宿がえで2,3日ここに泊った。
フジホテルは元々だらだら長居するような宿ではなく 旅を続ける良いキッカケになった。
30日ビザを目いっぱい使っても 帰国便には何とか間に合うが 今回は早々に山に行くことにする。


TIMSを取りに行く。
床屋 肉屋 雑貨屋をひやかし チョークの混雑を抜け 歩道橋 半時間ほど迷子 軍で道を尋ね ぐるりとしてオフィスに着くと ものすごく混んでいた。  
今日はワールドツーリズムアンドウォーターディで 淡い色の袈裟をかけてもらった。  糊糊と口々に言って 申請し 発行。  ただでレモンティが飲めた。 太っ腹オンシーズン。


それから何だかんだして 昼からフライト予約に行く。
小一時間待って パソコンダウン。 なんとか30日を抑えた。  
買い物については後日まとめて。 夜はピザとソーダ。 
ホテルに戻ると フライトは大丈夫かと心配された。 相当混んでいるらしく 10月に来る客のチケットを 必死で探しているようだった。




bucher.jpg



Powered by FC2 Blog

Copyright © おきらく49 All Rights Reserved.