FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月29日

オーレスンからでもオスロには行けるが、やはりアンダルスネス経由にしてよかった。
ラウルが思いの他良くて、明日の電車でも この反対側から見られるので楽しみだ。
ひとつ残念だったのは、キャンプ場。
川沿いからの眺望が最高なので 本当に泊まりたかったのに、バスが巡回していないから 微妙に足がない。
私はいよいよウルトラライトについて 真剣に考えなければいけないなと思った。

私は夕飯の買い出しをしてから、宿に戻った。
ロビーに置いてあったアメリカ人の荷物はなくなっていて、さっき彼らに道で会った時 私は受付のおばさんが戻ってきた事を言ったので、多分チェックインしに戻ったのだろう。

キッチンに行くと 庭でおじさんが草刈り機を乗り回しているのが見え、鮭とほうれん草のクリームパスタを食べかけていたら おばさんがやってきて「ペイ」とダイレクトに言ってきた。
私は夕食をそのままに急いで受付に行き、庭から戻ってきたおじさんに支払いを済ませ、明日のバスと電車の時刻を確認すると わざわざバス会社の友人に電話してくれた。
受付は終了し、明日は鍵をバスケットに置いて チェックアウトするだけだ。
あのドイツ女が言っていた、オーナーとの夕食会などあるはずがない。

私はシャワーをすませ 遅れていた日記を部屋で書いていた。
窓から見えるジャガランダの様な花に心底癒され、部屋に誰もいないという解放感と 夜中に誰かくるかもしれないという心構えと どこでも荷物を置けるのに 全て荷物はロッカーにしまい 結局2段ベットからの落下防止用椅子を一つ確保しただけという度量とで、今までどんな旅をしてきたのかを あらためて自分自身で気づいた。
もっと観光や散策と言うよりも 十分に熟睡したかった。

ふんふんっ、ふん? あいつ何作っとんねん。
私は依然韓国人と同居していたので 匂いの元は尾崎豊似の韓国人が作る韓国料理だとわかり、スパイシーな独特のかおりが2階中に充満し 端の私の部屋まで届いた。

andulsnes3.jpg
静かなアンダルスネス

スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/795-05ca6df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。