FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月29日

時間より遅く、余裕をぶっこいて受付のおじさんが戻ってきた。
私は荷物を引き上げ、一目散にバスターミナルに向った。
ここで心配性の方は、ひょっとして間に合わないんじゃない?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。何とかバスに間に合いました。

ただ、もしバスに乗り遅れても私個人の問題(責任)になります。
彼は宿からバスターミナルまでの時間考えて戻って来ていると言うでしょう、私がドンくさいだけだとも言いそうです。
モメタところで、チェックアウトの時に荷物を預けた方が悪いと言いだすでしょうし、
大人しくしていたら、仕方ないから緑毛と同じ部屋を使ってもいいと図に乗るでしょう。
いずれにしてもバスに乗り遅れたら、一泊分余計に支払って 緑毛ドイツのドア係をすることになったでしょうし、本当にバスに乗れてよかったです。

定刻にアンダルスネス行きのバスがきた。
私は運転手に行き先を確認してから 荷物を下に入れたのに、切符を買う時になって 別のバスに乗れとか言いだした。
また急いでバスに乗り換え(次の旅行は10kg以下で行くと心に誓う!)、席はハズレ。
前の中華二人が横4席使いたい様でソワソワしているし、後ろは電話でギャアギャア話しているし、異様だった。
途中で、フロムを北上したあたりから一緒だった韓国人の若い男が乗ってきて(尾崎豊似の) 半笑いで気味が悪かった。
彼はオーレスン2泊し、盗んだバイクで走りだしたのかもしれない。

ノルウェーのバスはよくできていて、交通機関の乗換がスムーズだ。
ドライバーがインカムでやりとりしながら、図ったようにバスや電車やフェリーがやって来るので、乗客としては一度乗ってしまえば楽だし、もし乗り継げなくても次発がすぐ来るという安心感がある。

都会なら可能だろうが、日に1、2本しかない過疎地の中長距離路線なのがポイントだ。
日本でもノルウェーでも近距離なら 駅までバスという感じが主流だが、日本の中長距離ってこんなに充実しているかなと思う。
インカムはどこにつながっているのか分からないけど、私の乏しい知識をもってしても 菅原文太と愛川欣也の無線くらいしか思いだせないし、そういうのではないと思う。
とはいえ時々ハブのバスターミナルで待たなければならないけど、ドル箱路線以外にも目を配っている感じがして、人口の少ないノルウェーで十分なインフラだと思った。

私はアンダルスネス手前のバスターミナルで 1時間程乗継のバスを待ち、尾崎以の韓国男と日本人らしき若い女と お互い話しかけることもなく、 3人とも陰キャで 亡霊のように椅子に座っていた。

alsund5.jpg
オーレスンの花
スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/791-771ae822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。