FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月28日

ブログでも書いていましたが、私はバスで移動しました。
理由を挙がると、②と⑦ > ⑥ (前回のブログより。)
②に関して言えば、直行バスの運賃とフェリー代はほぼ同額で、フェリーから乗換のバス代が浮いたことになる。
⑦に関して言えば、昨日フェリーに乗った感じと 一昨日フロム鉄道を往復した経験から、まずやめておこうと思った。
それに、どうせ⑥だからなと諦めている。

少し早目にバス停に行き、ガイランゲル観光のバスにスペイン人達が乗りこんでいき、少し遅れてオーレスン行きバスがやってきたが、一旦近くのホテルまで巡回してから戻ってきた。

その頃になってようやく乗客も集まり始めたが、例のごとく荷物を入れている間に席は埋まっていた。
フィヨルドが見られる方に座りたかったので残念だったが、結局のところつづら折りの道を折り返していくので、どちらに座っても同じことだった。

しばらくすると、展望台でバスは5分停車した。
後から乗ってきて良い席に座っているフィリピン人の若い女が、乗客達に写真を撮れと言いまくって 必ず私の横で撮影しているので、鬱陶しくて仕方がなかった。
良く考えてみると、フロムで展望台ツアーに何千円も支払ったのもバカバカしくなるほどのお得感があり しかも途中からフェリーにも乗れたので、バスも捨てたものではない。

確かオーレスン方面とアンダルスネス方面の分岐点だと思われるバス乗り場で、一旦バスを乗り換えた。
すると、昨日ヘレシルトで降りた尾崎豊似の韓国人が オーレスン行きのバスに乗りこんできた。
彼の旅程は定かではないが、朝一番のフェリーで往復したのか 復路のフェリーがここまで来ているのか 復路近距離バスを乗り継いでいるか。
他のルートもありそうだ。

オーレスンのバスターミナル到着ではなく 市街地を点々とまわっていくので、ドライバーにユースの場所を聞いたら インフォメの前で降ろされたが閉まっていた。
オーレスンはベルゲンと似た様な雰囲気の 港から坂道が脈の様に拡がって行く感じで、悪く言えば、勘が外れたらアップダウンの道を延々と迷わなければならない。

ちょうど同じバス停で 二人の若いアメリカ人が降りたので 彼女達にユースの場所を聞こうかとも思ったが、ガイランゲルのバス停で 至近距離でソフトクリームを舐めていた様子と 一人はフレンドリー 別の方は嫌悪的な様子から、関わらない方がよさそうだなと思った。
バスの荷物入れが開き 彼女の色違い同サイズのダッフルバックの上に 私のダッフルバックが載っているのを見て、振り返ったら鬼の形相で見てきそうだなと思い その場を後にした。
どのような状況なのかを お伝えできないのは非常に残念ではありますが、よくある流れです。

小雨の中、私は荷物からガイドブックを取出し 地図を確認した。


trol.jpg
トロル初登場

スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/08/06(月) 15:23:29 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/785-4d306a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。