FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月27日

あらためて旅はアナログなのだとつくづく思う。
かつては旅行記を読んで 異国への憧れや考えを巡らせていたものだが、今時は膨大な情報の大海原に出て ヴァーチャルで体験出来てしまう。

例えば、マップを見ながら○○ストリートから行った方が楽かもと思いつつ、実際行ってみて 迷わなくてよかったぁと安堵したり。
前回までヘトヘトになって宿探しをしていたのに、今回からオンラインでの宿予約を取り入れ 1割引きで~すと軽いノリで簡単予約。
私はアナログ世代で積極的にデジタルを取り入れるタイプではないが、ささやかに便利になったなと実感している。
ただデジタル世代には、この手のアナデジ世代の感動が全く伝わらない。(笑)

そのうち旅も淘汰されていくのかもしれないし、早くデジタルにすればいいのにと思うのもある。
いまだに入場行進とか。 オンラインでチェックインと対戦希望日を入力しておいて 前日現地に行き、AIで対戦を決めれば面白いのではないかと アナデジ世代としては思ったりするが、デジ世代はゲームかな(笑)
いずれにしても時代の流れは早いものだと時々気づかされることがある。

前置きはこのくらいにして、さぁさぁアナログな旅の続きですよぉ~。

フロムまでは団体旅行客が多かったが、そこからはいわゆる個人旅行者ばかりだった。
私的に表現すると、フロムまでは旅行会社で申込と支払いを済ませてきた人達。そこからは、個々ネット予約し スマホの予約画面をバスドライバーに見せている人々。
共通点はどちらも旅慣れている感じで、機内持ち込みでもいけるキャリーケースを持ち 肉体的にも精神的にも軽装でゆとりがあった。
なので私にはどちらも等しく見えたし、たまに私と全く同じ大型バックを抱えた人にも出会ったが、こう長いこと旅をしていると なんか違う(笑)。

途中でバスごとフェリーに乗ることがあったが、合計3台のバスに乗った。
2台目のバスに一人旅の東アジア圏3人が乗ってきて、そつなく眺めの良い席に座る。
おそらくベルゲンからの合流地点だと思われるが、皆オーレスンに向かうと思うので 明日以降も見かけるだろう。
バスドライバーは通しチケットをちぎり まだ乗ってない方を持っていたので、必死で返してもらった。

3台目も東アジアはそのまま同じ座席に腰掛け、ヘレシルトユースの場所を必死で確認している尾崎豊似の若者は、その発音から韓国人だとわかった。
私は座ろうと思っていたところにペチャンコのカバンが置いてあって、白人のオバサンが降りていくと(席取り?) 今度はインド人とアメリカ人の女達や その後スペイン人の女3人がやって来て、メチャクチャ。
本当に席が悪すぎて、この支配からの卒業っ!したいねん。


norfyord.jpg
車窓の風景だけ見る。

スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/779-45d89b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。