FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月26日

フロム鉄道がミュールダール駅に到着し 乗客達がホームに降り立つと、周辺の山々は一気に雪景色に変化していて 空気も冷え込んでいました。
ここで多くの観光客が降りたり またやって来たりし、しばらくホームでフロム行きの電車を待ちます。

もちろん往路も復路も内容は全く同じです。
例のごとく韓国人のおばちゃんたちが向かってきましたが、こちらも往路同様ではたまりません。
詳細はあれですが、おばちゃん達が反復横跳びで 通り過ぎていくのを見ました。
ずっとビデオを撮ってくるおじさんもいましたが、一日中靴紐でもなんでも撮っている様な人でしょうから 私はありのまま映りこみました。

ミュールダール駅で多くの乗客が入れ替るので、座席はリセットされます。
往路一緒だった大家族が降りたことを願いつつ 私は座席を探していましたが、幸いにも一つだけ空いているボックス席を見つけました。
そして見覚えのある幼児を発見し、はっと気づいた時には時すでに遅し。
不幸にも、あの家族が往路と同じく前の席にいます。

しばらくすると 通路向こうに座っていたブロンドの若い女一人が、目の前に座ってニヤニヤしています。
たいてい蔑んだ様な視線を向ける友人を伴っていますが、通路向こうの席で白人の女がもう一人、こちらを鬱陶しそうに見ています。

この後の展開について、この女の口から吹き出しがぶら下がっている様です。
必ずと言っていいほど明日の宿や行き先を聞いてきて、翌日行った先でロクな目に合った事がないので、本当に怖いです。
私は白目をむきました。

しばらくして席に戻った女は、観光ポイントに差しかかる度に 必ず友人とコクリと合図し合って立ち上がり、まるでバレーボールのブロックの様に 二人で窓いっぱい塞ぐので、こちらからは何も見えません。
おそらく明日の宿を言わなかった事か白目かに、怒っているのでしょう。

今度は彼女達の後ろに座っているアメリカ人家族が、大声で真後ろに立ってワーワー言いだしました。(→過去の記事)
一度ミュンヘンまでの電車で経験しているので、(→記事の真ん中あたり)
私はリターンし それを受けて配偶者が言い放ったピンボールが車両を駆けまわり、前の大家族の長が牽制をかけてくるといった顛末。
私も、往路でこうして牽制しておけばよかったです。
フロムに着くまで車両は静まり返り、一同ようやく車窓の風景を眺めていました。

フロムに到着すると暖かく まだ昼時でノンビリしていて、私は午前中とのギャップに驚きました。
昼からのツアーまで時間もあるので、一旦キャンプ場に戻って ランチとビールで気分転換し、おまけに寛ぎすぎて 午後のツアーに行くのが 本当めんどうになりました。


flamtrain.jpg
そんなフロム鉄道の旅でした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/775-8ca15272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。