FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月25日

私はフィヨルドを巡りながら、「リンゴの季節には早いから、せめて花だけでもね。」
なんて話を時々話していたものの、実際の花を観賞する機会に出会えていなかった。
というよりも、リンゴの木もリンゴの花も知らなかったのだ。

例のごとく、そんな話をスタッフと話をしていた時、「庭にいっぱいあるからね。ほら、見上げてごらんなさいよ。」と言われ、庭に咲く満開の花を眺めた。
「あぁ、これがリンゴの花なのね。」

私はしばらく頭上のリンゴの花を眺めてから、その後テントを設営したり 洗濯をしたりと、夕方まで忙しく過ごした。

テント場には もう一人白人の女性が本を読んでいたが、お互い話はしていない。
いわゆるウルトラライトの、30リットルそこそこのザックに 全てはいっているのだろうなといった感じだったが、その時私はその発想を全く持ちえていなかった。

洗濯機は一台壊れていたので 白人カップルのハイカーに使い方やら教えていたが、洗たく物の安全について話していたら、「大丈夫、部屋から見えるから。」と言い、洗濯機が見える窓辺に座っていたので 抜け目ないなと思った。(笑)

キッチンはあったが、食器の数よりも棚や引き出しの方が多いといった感じで、一様煮炊きはできるといったところだ。
二階のキッチンとの落差は大きい。ガラス越しにシステムキッチンが見えるものだから、一度トースターを使いにいったら入れなかった。
どうやら上はコンドミィディアムらしく、時々韓国人の若者が出入りしていた。

かたづけと洗濯を終え、久しぶりにお夕飯の買い出しに行くことにした。 (→あの日以来。)
私「いいでしょ?どうしても今夜ほしいのよ、私。」
レジ男「もう遅い。遅いんだよ。」スー。
私「今夜だけ特別。お願いだから。」
レジ男「ダメだ。ダメダメ~。」スー。
私「いいわ、わかった。明日ならいいでしょ?」
レジ男「あぁ、明日来いよ。」スー。
と言って男はビール缶を持っていった。スー。
週末の夕方6時以降、(法律で)酒類は絶対売ってもらえないのよねぇ。

そんなノルウェーでの初めての週末。
水面を見つめ物思いにふけっている時、目の前にある観光案内所兼、鉄道切符売り場兼、土産物屋兼、レストランの中に、フロムビールの醸造所があることを思い出しました。
高いだろうし行くつもりはなかったが、今日は結構がんばったので 奮発することにした。

まぁ一杯が限度だけど、言われるまま3種類の中から選んだ。「じゃあこれにしようかな、ジョッキで。」
お夕飯の買い出ついでに立ち寄っただけなので フロムビールの写真はありませんが、おいしかったです。

flamvisitor.jpg
観光案内所兼、鉄道切符売り場兼、土産物屋兼、レストラン兼、フロムビールの醸造所などなど。

スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/772-bcf1b2e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。