FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月23日

ホステルの朝食を逃し、実に惜しい。
もう観光どころではなく、早くツアーが終わって 夕飯の買い出しに駆け出したい気分だった。
しかもネイチャーセンターのいけす水槽で、丸々と太った大きな鮭科の魚がスイスイ泳いでいる。
私は新巻鮭をがっつりといきたい気分のまま、美味しそうな匂いがしそうな売店や完璧にテーブルセットされたレストランを横目で見て、外の芝生で狩りの音を聞きながら、今夜は絶対魚だなと。例え缶詰であってもと心に誓った。

私の想いとは裏腹に、バスは例のごとくワチャワチャしていた。
バスでスペイン人はワーワー言っているし、ネーチャーセンターの上映時間20分のビデオですら騒音で聞き取れない。
しかも展望台で写真を撮っていると、東南アジア系のおばさんが「邪魔だ。どけどけ。」とピンポイントにせめてくる。
私が我慢しても我慢しなくても 彼らは反応を楽しんでいるようだったので、いつものように無視しているが、それでもノルウェーの観光客の多さは 許容範囲をはるかに超えていた。

ネーチャーセンターを出発すると、だんだんと季節が逆戻りしていく感じだ。
初春の若草色から じょじょに残雪が見え、そのうち川が凍っている。
ヴォリングまで行かなくても所々に滝があり、雪が溶けた夏にはダイナミックな滝を見られると思う。

この時期は滝もチョロチョロといった感じではあるが、まだ人は少ない。
夏をお勧めしたいところだが、有名な避暑地だけに色々な面で妥協する必要がありそうだ。
キャンプ場もいくつかあって サイクリングやハイキングを良さそうだが、ひょっとしたら女性一人の場合、気をつけなければいけないかもしれない。
あえて言えるとしたら、高額なタクシーかツアーバスの2択。

エイフィヨルドの上級ホテルは営業していたが、麓でもシーズンオフはクローズする宿もあり 展望台のあるヴォリングの上級ホテルもオープンしていなかった。
私は雪をザクザクと踏みしめて、展望台から大地の割れ目を眺めた。
そこから長いヴォリング滝を眺めることができ、ピリッと冷えきった空気の中 すみきった景色がよかった。


voringfoss2.jpg
ツアー客です。


スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/761-c0159d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。