FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月22日

港側から見ると、道や入り組んだ路地が 周辺の山につながる様にして、街並みが広がっている。
今でも白い木造の家を見ると、ノルウェーを思い出す。

朝から雨が降っていたので、ウルリケン山の展望台に行くことは諦めた。
山頂までケーブルカーで登ることもできるが、宿からでもベルゲンの街が一望できるので あまり大差はないだろうし、トレッキングできなくて残念だった。
今日1日市街地で過ごすことにした。

朝食込だったので、朝一番で食堂に行って 焼きたてのパンと手作りのヨーグルトなんかを食した。
〝ホステル飯でこんな贅沢が味わえるなんて感動。〟
旅はやめられない。

10時過ぎに宿を出て 歩いて市街地に降りていく。
沿岸からみるとベルゲンは集落の様に見えたが 歩いていると結構大きな街だと気づかされたし、冷たい雨で私なんかすっかり縮こまっているというのに、プライマリィスクールの子供達は カラフルでバリエーション豊かなレインコートを着て 雨の中普通に遊んでいた。

ベルゲン駅前の池には、水鳥がいたり 春の花が満開で 市民の憩いの場所といった感じ。
ちょうど広場の横断歩道のところで、大きなアジア男のバックパッカーが 体をだらんと宙を見上げ大声で歌を歌っていて、それが日本語だったので驚いた。
劇場を超えると人影はほとんどなくなり ほどなくして港に着いたが、宿からここまで1時間程。

それから、港には観光客もブリッゲンもなくて 倉庫や搬入のバンしかないので しばし茫然としつつ 周辺を見てまわった。
ベルゲンで港間違える方がめずらしいよなぁと気づいてから、ブリッゲン周辺を観光し終えたのが、さらに1時間後。
12時にはベルゲン観光を終えた。 (→詳しくはこちら。)

雨が降っていて、カメラもガイドブックも バックパックから取り出せなかったので、全て勘だ。


port.jpg
あれ港じゃね?

スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/750-1459b753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。