FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月16日

デンマークの交通わかりにく~い。(ワザとだろ。)
それはさておき、城ときたら城だろうということで、午後行ったヘルシンオアのクロンボー城について 先に書くことにしよう。

クロンボー城は、シェークスピアの戯曲ハムレットの舞台となった城として有名だ。
コペンハーゲンから電車一本で来れ、詳細はともかく隣国にアクセスできる場所であり、街には路面電車、花市、図書館、その先に城がある見晴らしのいい港町だ。
ちょっとした観光業や 城のイラストと↑入りの自転車道なども見かけた。

フレデリクスボー城は まさにザ西洋の城といった感じだったが、このクロンボー城は華美な装飾がないシンプルな城で、二つの城は対照的だった。
私は一瞬にしてこの城に魅了されてしまい、 理由はよくわからないけど なんかシックリときた。

日本の城の白壁に通じるからなのか 小劇場舞台で観るシェークスピア作品に出てくるような感じだからなのか、わからない。
さっきから半口を開け ガイドブックを持った白人の女達が、何度も写りこもうとしてくるので、撮りにくいったらありゃしない。(おい、やめろ。)

この先にヘルシンボリがあり、窓から見える海に広がりがある。 大広間では学校のプレゼンか何かの準備をしていて、ある意味贅沢だ。
とにかく他のシェークスピア作品でも この城をモチーフにしたものは必ずあるはずだ。 
こんな感じの舞台セットを観た事があるし、 夏の野外オペラの本家感も容易に想像できてしまう。 しかも世界遺産ときたものだ。

帰り道小雨が降ってきたので 商業施設の様な図書館を通り抜けした。
ランチで賑わい、ピアノかなんかの演奏もやっていた様な気がする。 がっつり観光というよりも むしろ文化的嗜好の港町で、クロンボー城が大きな役割を果たしているのだろう。

足元で1歳くらいの男の子がヨチヨチ歩きで 通りがかりの人達に挨拶をしていて、 澄んだ青目と桃色のほっぺが可愛らしい。
お散歩の途中の雨宿りなのだろうか、 傍らにほっかむりのベビーシッターがいて、 彼は体が冷えない様にひざ掛けのブランケットでくくられていた。
今頃高級服に身を包んだデンマーク人の母親は仕事中だろうが、 これを見たデンマーク人の反応を見てみたい気がした。

(続く)

kronbrog.jpg
写りたがる白人女達

スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/725-e2b544f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。