FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月15日

少しずつ夏至に近づいている。
私にとってデンマークは西欧の一部であり、いまだにそう思えるのは 多分移動方法からだと思う。
テントを設けながら 天気はいいし 日も長いねぇなんて暢気に思っていたが、 いま思い起こしても やっぱり日が長くなっていた。
それに加え、人や物も様変わりし なんだか不思議な感覚だ。

キャンプ場の受付も売店になっているので ちょっとした缶詰や飲み物なんかは買える。
とは言え、 朝から菓子パン2個とミニパフェで 1日中動き回っていたから、 夕食にはがっつりと肉が食べたい。
私は、草原のあぜ道を全力で走りたい気分で 夕飯の買い出しに出かけた。

万屋には肉がなかった。
いつだって万屋には肉がないし、ここには冷凍肉やビールすらなかったので、とりあえずバナナ2本を量り売りで買った。
おじさんは何語を話しているのか分からないけど、それにしても安いのではないかと思って顔を見ると、おじさんも〝いいから、いいから〝という表情で ゆっくり頷きながら手で持っていきなという手のジェスチャーをした。
彼らはどの国でもそうだし、私はこの手のやり取りは嫌いではない。
軒先には新鮮な野菜が箱に並べられ、話しながら老人が店に入ってきた。
さすがにこれだけでは足りないけど、なんだか店主に申し訳なくて スーパーの場所を聞けなかった。

スーパーは1ブロックほど先にあった。
バナナ2本持って入るのはどうかと思って 道すがら急いでほおばったが、 空腹のあまり手が震えていた。
ゴミ箱もゴミすらもない舗道に捨てる訳も行かず、両手にバナナの皮をつまんで歩き 誰も歩いてなくてよかったと思った。

肉は買えた。

(続く)

meat.jpg


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/722-9e45abc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。