FC2ブログ

おきらく48

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月15日 

国立美術館から歩いていける距離に ローゼンボー離宮があり、多くの観光客で賑わっていた。 
ここは見学のみなら1400円ほどで、コペンハーゲンカードが使える。(輝)
快晴の午後は暑く、その分宮殿の中はひんやりと涼しかった。

華美な豪華絢爛といった感じではなく、落ち着いた色合いの調度品や肖像画などが、ところ狭しと展示されている。 
というか、展示されすぎている感がする。
さらに洋食器、東洋の鉢、皿、壺、瓶も、そこに加わって、何となく輸入品が多いんじゃないと思えてきた。(どんだけ食器あんねん。) 
うぅ~ん、あのねぇ~えぇっとねぇ~つまんなかった。

それよりも蔦の壁や 宮殿から続くローゼンボー公園の方が、断然よかった。
今まで色々な城に行き 手の込んだ庭なども見てきたが、ローゼンボー公園の様に 広々と庭園に水路があるだけという、何ともざっくりした感じが潔いと思えたのだ。

牧歌的な風景に、ごく自然にローカルが憩っているという あたりまえの日常。
少し信じがたい気がしたのは、私はこういった風景に馴染みがないからだ。

もう少しわかりやすく言うと、デンマークのレゴブロックは台に芝生の色を使い、家のレンガを積みたてていけば、何にでもなるという可能性を示した 幼児向け玩具ではないかと思う。
日本だと、まず台の色から違ってくるだろうし(商業的に男の子は青、女の子ピンクとか) 家をレンガで建てることにも、元々馴染みがない。
なんかイメージわかないし、ついでに3匹の子豚を思い出した。

まぁそんなこんなで、エゴランドのコペンハーゲンは終了。


rosenborg.jpg
ローゼンボー

スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
Pass:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://falda.blog56.fc2.com/tb.php/718-33e47727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。