FC2ブログ

チューリッヒ発寝台列車⑤(スイス)

ようやく5月13日

バーゼルから乗ってきた親子が早朝降りていき、しばらくベッドでダラダラしていた。 
朝日が差し込み 徐々に車内は明るくなっていく。 陽も十分に昇り、上段で横たわっている物静かな青年と ベッドをたたんで座席にした。
昼夜の視界がまったく違って思えるのは、夜行で朝を迎えたからだろう。

しばらくぼーっと車窓を眺めていた。
車掌が伝えに来たのか 私が聞いたのか覚えていないが、青年は今まで聞いたことのない駅で降りていった。

コンパートメントに誰もいなくなり、思う存分続きのダラダラをするなり 写真を撮るなり コーヒーでも優雅な朝食でも取るなりすればいいのに、私はハンブルグに到着するまで ずっとパッキングをし続けていた。

スイスでは荷物を先発で送り続けていたので、久しぶりに担ぐと驚くほど重かったし 正直どうにも無理で、完全に持て余している状態。

ハンブルグに到着。
気合で大荷物を前後に担いで部屋を出ると、足元にシーツが散乱している。〝何これ?〟
さっきから騒がしいなと思っていたが、両サイドの部屋のおじさん達が シーツの端を持って引っ張り合いっこしたり ドアノブにくくりつけたりして、大騒ぎしていた。

彼らの目的は全くわからないが、どうりでさっきから部屋の扉がしまらなかった訳だ。
〝何という地獄でしょうか あなた方がここでやっていることは。〟と驚き、〝私の部屋(にくくり付けられているシーツ)は取ってください。終点のハンブルグですよ。〟と言って、寝台列車を降りた。

残念ながら、このCNLは2016年12月で廃止されているらしいです。
代わりにユーロナイトが同路線を走っている様で、それでもCNLに乗りたいのであれば チューリッヒよりドイツ寄りの駅からハンブルグ行きを探すのも手だと思われます。
いやいやチューリッヒからCNLに乗りたいんだというならば、チューリッヒ~ベルリンをどうぞ。(私は既にベルリンを訪問しているので利用しませんでした。)
ついでにチューリッヒ~オデンセの路線とチューリッヒ~コペンハーゲンの路線は、ハンブルグ先より違いますので、私のルートだと遠回りになるかもしれません。
チューリッヒ~コペンハーゲンの時刻表で確認してみてください。
というわけで、チューリッヒ発ハンブルグ行き寝台列車CNLは変更されているので ご注意ください。 
以上お知らせでした。

(続く)

cnl.jpg



スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © おきらく49 All Rights Reserved.