FC2ブログ

アムステルダム2.3日目⑥オランダ

4月27日クロネリュデスハイム泊

(4月26日続き)
キャンプに帰る途中道を間違えた。
中央駅からトラムでほんの10分ばかりの所なのに ポニーや鶏等がいる小さな牧場があり ポニーは人馴れし鶏は柵から出たり入ったりしている。 本当にのどかだ。
そろそろ日も落ちてきたので 犬と一緒に土手をあがっていった男に〝おーいキャンプ場はどっち?〟と両手で大きく手を振ると 〝おーいアッチだ〟と両手で大きく手を振って指さした。 どうやら河原沿いを反対に歩いてきたらしい。

キャンプ場の受付にはアフロな黒人がいて客達をさばいていた。
見た目のインパクトと違い〝おい眼鏡(なんか)あったぞ〟と物静かに言い 私は早朝チェックアウトの確認と電車の時刻について聞き 後からインド人の若い男達がやってきて〝キャンプ代を安くしろ〟と交渉を始めた。 

延々とやっているので〝私の方が早かったんだけど〟と言うと インド人はムッとしたが インドだと違う展開のような気がしてインド系なのかもしれない。
アフロは静かに他のスタッフを呼び ようやく私の順番となった。 新たに分かったことは設定金額より多く支払っていた事と明日トラムは走っていないと即答されたことだった。 
最初は動揺したが 3€は諦めて時刻表をプリントアウトしてもらい妥協した。

レストランはちゃんとしている。
テーブルにはキャンドルが灯され ムール貝を食べる家族連れもいるし ロイヤルカラ-のTシャツを着た若いウェイトレスに〝素敵ね〟と声をかけ 馴染み客のおじさんはキッチンから出てきた男と握手し楽しそうに談笑している。
今日はアムステルではなくハイネケンを飲んだ。

インド人達は白人の女達をナンパしてご機嫌だったし 昨日の混雑は何だったのかと思えるくらいキャンプ場は静かだった。 
ところが夜中隣に男達がやってきて 設営と話声が煩くて目が覚めてしまった。(何時やねん)


4月27日

朝また別の男達の話し声で目が覚めた。 時間を見るとまだ4時なのに 昼間と変わらないテンションでアメリカ人達が話している。(何時やねん)
しばらくするとその男達が私のテント前を通っていくのが聞こえたので キャンプ場の羊のマネをして〝メェ-メェ-〟と私が言うと なんだなんだといった感じで通り過ぎ(シメシメ) また続けてやってきたので今度はキャンプ場のアヒルのマネをしたら さすがに反応が早く〝ダック見つけだぞ〟と言ってテントを揺さぶると笑いながら通り過ぎて行った。〝グワッ…グワッグワッ!〟
それから1時間してアラームが鳴ったが必要なかった。

テントをたたみ荷物を背負う。
キャンプ場の門のところまでくると さっき通り過ぎていった青い車の中から白人の若い女達が出てきて 何か言ってきたが聞こえなかったし気味が悪かった。 私は首を横にふると去って行った。
門を出ると橋の下で若い男達が集まっているし道で酒瓶片手に寝ているのも見かけた。 休日のトラムの始発でホームはそこそこ混みあい 電車が入る直前にキャリーケースを引いた大勢の若者達がやってくると我先に乗りこみ暑かった。

ようやく中央駅に着きロッカーに急ぐ。 
実はキャンプ場までの道のりを40kgの大荷物を背負って歩くのはかなり大変だったので 半分の荷物を昨日駅のロッカーに預けておいたのだ。
そうすることによって荷物の負担はかなり軽減されるし 後は荷物を背負ってホームに上がるだけだと考えたからだ。
私の読みは見事にはずれ 心の中で〝嘘だと言って。お願い〟と叫んだのだ。

ポスターの張り紙にこう書いてあった。 <キングスデ-のためロッカーは使用できません。~4月29日7AMまで。> 
〝クインズデーじゃないの? シャッタ-開かないの? 荷物なしでドイツ? 昨日張り紙なんてなかった〟 
動揺は半端なかったし 駅員に聞いても明日の朝開くからと普通になだめられた。

すでにレイルパスに日付を記入してしまった為 このままアムスに留まる訳にはいかない。
考えるだけでゾッとするルートだが行くしかない。
私はテント泊用荷物だけを背負いアムステルダムを発った。

これでベネルクス3国(ルクセンブルグ、ベルギ-、オランダ)は終了です。



amsst.jpg
アムステルダム中央駅

スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © おきらく49 All Rights Reserved.