FC2ブログ

おきらく49

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月31日

もうねぇ、朝からお腹いっぱいなのよ。
部屋中に 男の喚き声と子供たちのギャン泣きが、響いている。 
ナイジェリアだ。 出来れば、スピーカー応答をやめて その電話を耳に当てて頂きたい。

どうも彼女の不貞疑惑を夫が問いただし、父親の怒鳴り声に幼子達が動揺している。
当の本人は余裕をぶっこいている感じから、 限りなく黒に近いと思うが(笑) 彼女も包み隠さず話しているので 真相はわからない。
私に言える事は、彼女は保守的なタイプではないという事と 私と彼女には共通する点がほとんど見当たらないという事だ。 正直あまり興味はない。

そのうちトルコが支配地をまわり(笑) 出かける準備を始めた。
カーテンは開けっ放しで(外から丸見え)、普通に彼女はほっかむりを着けず 着替えもしていた。
肌や髪の露出の考えが 私が思っていたのとはちょっと違っていたが、出かける時は きちんとしていたので 見えるから恥ずかしいとかいう類のものとは、違うのだと思った。

それからトルコが、しつこく今日一日どうするのか私に聞いてきた。
今日は日曜日なので、公共の施設は無料なところもあったりして 私は行く順番を決めているところだった。

トルコが船博物館に行きたいと言い、私がヴァイキング船のか聞くと ナイジェリアがヴァイキング船は嫌いだという。
ノルウェーからヴァイキングを取ったら、一体何の船を見るのか?

しかもトルコがアグレッシブで、バスルームで化粧をしながら 何か思い出したら すごい剣幕で言いにくるので困る。
「ナショナルギャラリーは行くけど、近代美術はきらい。絶対見たくない。」 

私は「オスロに来たらムンクを見ておいた方がいい。」と言うと、ナイジェリアが「ムンク知らない。」と言いだしたので、叫びたくなった。
ついでに「近代美術やフレンチも見たい。」と言ってみたが、トルコは気を悪くして バスルームの扉をバンと閉めて鍵を閉め その後外に出て行った。
この時点で、全て終わっている。

ところがナイジェリアが 更にたたみかけてきて、今日の予定をしつこく聞いてくる。
しかも明日のフライトの時間までも聞いてくる。
どうやら彼女も明朝フライトらしく、しかも今夜の宿を取っていないから 朝方まで一緒にいようと言ってきた。

クラブで彼女が新たな男をゲットして、私は一人メトロノームダンスを踊るのか。 いやいやいや、ちょっと待て。 
「ホステル当日キャンセルできないから。」と言って、しつこく食い下がるナイジェリアを なんとか説得すると、彼女は部屋を出て行った。

それから受付でパッキングしていると、トルコがやって来て 私の大荷物に驚いていたが、キャンプ用品だというと「そんなものは捨ててしまえ。」と、躊躇なく吐き捨てた。
今や我の強さも余すことなく発揮しているのに、「ナイジェリア部屋にいた?」「あなたも一緒に来ない?」と浮かない様子で言ってきたので、「彼女は下に降りたわ。私は半日しかいないから。」と断った。

私がベッドに上がる為の椅子や 他の細かい事をいちいち確認してくることや 美術の嗜好など、トルコがあれだけ露骨に嫌がっていたのだから、今さら何を言っているのか理解できない。 
むしろアジア人チェックアウトしてせいせいしたと言うところだろう。

トルコは、ナイジェリアと二人だけが嫌で私を誘い、ナイジェリアは、オールナイトをトルコに断られたから私を誘った。
私は二つ返事で応えるほど、お人よしではない。
ホステルを出て 私と反対側に歩いていく二人は浮かない様子だったが、私は何の感情も持てなかった。


oslocity2.jpg
オスロはまだ肌寒いようです。

スポンサーサイト
テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

5月31日

何だかコーヒーを置く場所もなさそうなので、一気に飲んで残りは流した。
カーテンは閉めなかった。 ドイツのホステルで フィリピン人にからかわれ、マッパの時に 廊下の扉を開けられた時の事と比べれば、マシだ。
イスはトルコ人に確認しておいたので、これだけは使えた。 ドイツ人なら絶対使わせてくれない。

しばらくすると黒人が入ってきた。(これは差別用語なのかもしれないが、日本語なのでそう書くことにする。意味はない。)
彼女はナイジェリア人で、出身部族を教えてくれたが良く知らなかった。

何日か前のブログで元英国領以外のアフリカ人と書いていたと思うが、ナイジェリアは英国連邦加盟国なので、私の見立ては間違っていた。
言い訳させてもらうと、あの腹式呼吸風に英語を話す感じと イギリスに語学留学しているというので、勘違いした。

私が日本人だとわかると、彼女は表情が一気に明るくなり 一番仲のいい日本人クラスメートの写真を見せてきた。
全員黒人の中で ドレッドヘアーの黄色い女が、みんなと同じ真っ赤なルージュで楽しそうに笑っていて、学校というよりクラブといった感じの場所で撮った様だった。

とにかくナイジェリア人は気さくな感じの人だったが、その下で寝ている白人の国籍が気になる。 
ホステルで寝袋は禁止されているので、パリッとしたシーツの上に 白人がテントマットと寝袋で寝ているのを見た時 ひっくりかえりそうになった。
ステレオタイプというものは恐ろしいもので、もしナイジェリア人が寝袋に寝ていたら キャンプするんだと別の意味で驚いていただろう。

すると白人とトルコ人が楽しげに戻って来て、(私は一言も話していないけど) 白人がアイルランド人だとわかった。
アイリッシュは早々にチェックアウトしたが、ナイジェとターキッシュは、今日一緒に観光しようとアッサリ決めていた。

私は最初から一緒に行くつもりはないし黙っていた。
とにかくオスロ最終日なので、行ける限り行っておきたい。(しかも今日は日曜日なので安い。)、この二人だと中途半端に観光できず オスロに心残りを作ってしまいそうだったし、夜中2時に薄暗いクラブで ひたすら船漕ぎダンスを踊るアジア人の姿まで 想像できてしまった。(笑)

ついにトルコが、一日どうするのか私に聞いてきた。


oslocity.jpg
オスロはまだ肌寒いです。

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

5月31日

ノルウェーのホステルは嫌いだが、ホステルの朝食はハズレがない。
出てくるものは、シンプルそのもので美味しい。 しかも今朝は、その豪華版だと思うとワクワクしてしまう。

相当な食いしん坊のように見えるかもしれないが、北欧に入ってから自炊ばかりで外食はしていないし、テント泊ばかりだと生鮮食品を持ち歩くことができない。 
毎日捨てる訳にもいかないし、冷蔵庫がないので衛生的にどうかと思うし、もし宿に冷蔵庫があったとしても、食材が次残っているか分からない。

結局は安全に毎日同じようなメニューになってしまうが、以外にもフラストレーションがたまらない性分でよかったと思う。 毎日やりきれない。
その分、たまに朝食つきの宿にあたると めちゃくちゃあがる。スーパーあがる。 
しかも(この手のオープンサンドなら千円以上する。)と、一人ほくそ笑んでしまう。

今朝は4時に目が覚めた。
朝食開始時刻まで約3時間半。 無機質な天井を眺めながら、ツヤツヤで分厚いスモークサーモンにトングをくぐらせる瞬間を想像してみる。

その間、書き遅れている日記や 読みかけの単子本も気になったが、明日のフライトの待ち時間や 離島での空き時間にでも書けるだろう。
現実、日記の時間をネットに費やし、まだ深夜特急欧州編も読んでいないのに どうしてスカンジナビア編がないのか疑問に思ったりしていた。
そんな諸々の事は、全ては白夜のせいだとしか言いようがない。

7時半に急いで降りて 受付で聞くと朝食は8時だと言いのでガッカリして、先客の老人がPCをやりながら待っていたので (今朝のファーストサーモンは私よ。)と思いつつ 出直すことにした。

朝食は美味しかった。
他のホステルと変わらないメニューだったが、品数が多かったので お昼食べなくても持ちそうだなと思えるくらい食べた。

同室のトルコ白人、黒人も別々に来ていて、早目に行動する方でちょっとビックリした。
今も軍舎として一部使っている様で、見た目アイドルユニットみたいな兵役の若者達と女の子が、楽しそうに朝食をとっていた。 
隣のブロンドは、フワフワな寝癖で ひたすら卵の殻を割り続けているので、 さすがに吹いてしまった。 
本人も近くの兵役もクスクス笑い(女子はムッとしていた。) 「構わないでしょ。力になるでしょうしね。」とフォローしておいた。

ノルウェーはどうか知らないが、全く違った兵役もいたり 兵役後の個人旅行でも 見かけたり話したりしていたので、 私はあまり軍人に話しかけたくない方だし、食堂の彼らも楽しそうであっても 食事をすませると早々に出て行った。

また兵役に会った。
受付嬢と話していた栗毛が エレベーターに乗ってきて優しく見てくるので、挨拶がてら今朝起きた奇跡について ご披露する事にした。
「(プラスチックの)卵たてが このコーヒーカップの蓋にピッタリで、へへ、へへへっ。」目やにをつけたアジア人が小汚く微笑むと、栗毛は優しく見つめながら、「それは、」(そっそれは、)  「食堂のですね。」(その通りでございます。)
「イエス、イエス。へへ、へへっ。」と言いつつも、 小汚いアジア人は(これ以上の奇跡はないねん。)と、 二人きりのエレベーターで困り果てていた。

その時奇跡が起きた。 (10階とかじゃなくて本当よかった。)
彼の階(しかも2階)に着くと、後ろ背に優しく微笑みながら「良い一日を。」と言って、 軍人歩きで去って行った。
エレベーターの扉がゆっくりと閉まり、(シーン...) マダムスナイパーと思った。

部屋に戻ると、トルコ軍が最大限に領地を拡大し 狙撃されてもおかしくないくらいに カーテンを全開けにしていた。
私は、コーヒーを持って立ち尽くした。

turkey.jpg
ベットに上がる為の椅子のみ、確保した!(部屋中トルコのもの。)

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

5月30日

令和第一号の更新です。よろしくお願いします。

オスロでは、市内ホステルのペルミナレンに宿泊した。
ここは以前ノルウェー軍舎として使われていたようで、調べてみると朝食の豪華さが目についたので決めた。
とは言え私の場合、希少な食材というよりも たらふく食べられるという事がより大切だ。

ノルウェーに来てから(その前からも) ホステルは100%外してきたので、都心のホステルに泊まるとなると 更に気が滅入ってしまう。
あと幾何か支払えば 駅前の無人ホテルにストレスなしで泊まれるのに、それでも朝食には適わなかった。

一旦私はチェックインしていたので、そのまま部屋に入った。
先に今夜の同室を言っておくと、訛りのある英語圏の白人 元英領以外アフリカの黒人 ムスリム系トルコ人 アジア人の四人。
部屋に入るとすでに薄暗く、白人とトルコ人が楽しそうに会話していたが アジア人が入ってきて静まりかえり 会話に参加させていただく雰囲気ではないことが分かった。
白人は 糊のついたまっさらなシーツの上に テントマットと寝袋で寝ていたし、トルコ人は 部屋中の至る所に 私物を置きまくっていた。
私は入口付近のちょっとしたところに荷物を置いていると、トルコ人はワザワザやって来てうろついていたので 気にくわなかったのかもしれない。
まぁトルコの方は、同じ2段ベットを使っていることもあって 聞けば気さくに受け答えしてくれたが 彼女のほとんど返答は「私は平気よ。気にしないで。」だった。

アジア人が気を使うのが馬鹿らしくなるくらいに、トルコ人がまるごと使っている棚の電源を、アフリカ人は勝手に使い カンカンカンパラパラっと暗がりで響かせていた。
アジア人「何か落とした?」 アフリカ人「そうね。」(ブレスレットゴミ箱ポイーッ。) トルコ人「私(ビーズ転がっていくの)見たわ。」白人「。。。」

白人は既に営業終了といった感じだったし アフリカ人は別世界だった。
フェミニンな装いで 受け答えも気遣いも トルコ人はきちんとした印象だったので 私は結構気を許して話をしていたが、 部屋中の私物や 徐々に我の強さが出始めた感じから、気安く話す相手ではなかったと思える。
まして(ムスリムの)ほっかむりを外すことについてなんて。

oslohaber.jpg
宿の近く。


5月30日

今、私はオスロにいます。
しばらく平和賞センターについて書いていたので、他国と混同しない様にしなければなりません。

今朝アンダルスネスのユースを出て、鉄道を乗り継いでオスロまできました。
一度、宿にチェックインをしてから、平和賞センターに行き 閉館時間近くまでいました。
この時間帯、観光客が行きそうな施設は閉まっているので、王宮辺りをまわり 夕食をすませてから、宿に戻ることにします。

明日は日曜日なので 市内のミュージアムなどは無料になりますが、夕方には空港ホテルに移動しておきたいので、まぁ半日観光できればいいかなといった感じです。
数日ノルウェーの離島で過ごした後に またオスロ空港に戻ってきますが、市内の方には立ち寄らないので、これでオスロも最後です。
これも一期一会。
旅の楽しみでもあり、延泊して楽しみが増えるとは言い難いものです。

さて、何かしらを見て 記憶が戻ってくるという経験をお持ちではないでしょうか。
何だか青春の甘酸っぱい感じがしそうですが、はっあの時の...みたいな。(キュン。)

乱雑な手書きの日記に、平和賞センターから王宮まで行く道すがら 売店でピザを買ったと書いていたのですが、今ストビューで見ていたら見つけてしまいました。
目はハートハートしませんが、口がハフっハフっとなってしまいました。
どうやら、平和センター⇒ 市庁舎⇒ ピザ(国立劇場公園)⇒ 王宮に行った模様。
道が入り組んでいるのでわかりにくい所ですが、これだと結構早く着いた気がします。

王宮は少し高台にあって、路上脇の藤やライラックなどが咲き 散策するにはちょうどいい季節でした。
少し風邪ぎみの衛兵ともう一人、何分かごとに靴を鳴らして銃を持ちかえるのを見て、中は見られないので そのまま降りてきましたが、多くのアジア団体客や多くの観光客が来ていました。

そこから繁華街につながっているので、週末の夕方で さらに賑わっている様な感じにも思えます。
一人で旅していると、あまりワクワクもしないし 特に買いたいものもないし 混んでいる店にわざわざ行くのも、どうかと思うのです。
何か国でもそうしてきた様に、中央駅構内の安い店を探し 客も疎らな店でピザをまた食べるという。(笑)
「よっしゃ、ジョキ大だ。」と出されたビールで、夕食をしめた。

通りを歩いていると、黒人の女が「テレフォンカードどこで買える?」と聞いてきたので、「宿で聞けば?」と返すと、「受付に誰もいなかったから。」と言って去って行った。
道を訊ねるならまだしも、テレフォンカードって。
私なら、路上で見ず知らずの人に聞くことはしないし、宿にいる人たちに聞くか 安いピザとか売っていそうな売店で聞くと思う。


oslo3.jpg
オスロ市内の公園


テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。