FC2ブログ
国境越え(ノルウェー~スウェーデン)


6月6日

梅雨入りって、昔こんな感じだったかなと思う。
国内の民間気象予報会社は数少ない様ですが、それでも有益な情報を、提供している会社もある様です。

先に動けば負けという世界もある様で、その方が得なのかもしれませんが、一方では2ステップ早く動かなければならない事も私には多々あるので、何だか温度差あるよなと思います。
まぁ、旅は続けますよ。

今朝は雨。7時前にバスで空港に行って 電車に乗り換えた。 これからスウェーデンに向けて出発する。
電車はトロンハイム方面からの夜行だったらしく、車両まるごと毛布に包まって寝息をたてていた。
とはいえインドの3等寝台の様な旅情はなく、普通の電車だ。

それからオスロ中央駅で ストックホルム行の急行電車に乗り換えた。 ようやく一安心だ。
ちょっと前に話題になった一等に乗りこんですぐ、車掌が検印にやってきたので ユーレイルパスを見せた。
「おまえ2等だろう?」と言いがかりをつけてきて、私はメチャクチャ驚いた。
確かにパス自体に乗車クラスについて書かれていないが 車掌なら一目わかるはずで、本当に今まで周った国で 一度も確認されたことがなかった。
とっさに手書きホルダーを差し出して難を逃れたが、「ここは予約席だから、客が来たらどけよ。」と車掌は言い放った。

いきなりNSBとSJの違いがよくわかって、例え幾ばくかの予約席料金を支払ったところで、自分の席をどかなければならないことだってありえる。
げんにオーストリアのウィーン入出の一等に乗ったが、どちらも2時間の区間にも関わらず 席を数回変わらされ、おまけにハムサンドが出てくるまで2時間かかった。 だから無駄な金は使えない。

しばらくしてコーヒーを買いに行った時、2等を通ったがゴチャゴチャしていたので 危なかったと思った(笑)。
朝早かったのでしばらく寝ていたが、アナウンスが流れ「さようならノルウェー、ようこそスウェーデン(想像)」さっきの車掌が仕事やし仕方なく棒読みで国境を知らせた。
結局このアナウンス以外に国境を知るすべもなく、この為に時間をかけたのが 本当にバカらしく思えるほどだった。

しばらく森の中を走り、シャルロット駅でスウェーデンだという事を確認した。
スウェーデンに入ると湖が多くなり、ストックに近づくほど団地や工場地帯が増えていった。
明らかにノルウェーよりも人口が多いのだろうなと思って、ほどなくして終点のストックホルムに到着した。




スポンサーサイト



テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

2015北欧 | 21:28:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
ノルウェー③(動画)

またぁ、フィーヨルドです。(脇汗)


音楽ちょっと変えてみました。(小声)



テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

動画(youtube等) | 12:42:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
ノルウェー②(動画)

爽やかに出来ていますでしょうか?(滝汗)



凝りもせず、また作ってみました(照)

動画(youtube等) | 14:35:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
ノルウェー①(動画)

1分動画、作ってみました。
今回は、ノルウェー南部スタバンゲルとハダンゲル一部までいけましたので、
次も1分で、その続きをつなげていこうかなと思ってます。


続くかなぁ?



動画(youtube等) | 15:39:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
ノルウェー(オスロ空港経由)②

6月5日

行きしに泊まった時は、バスに乗せてもらえず 空港で酔っ払ってしまったが、今日はスムーズに宿に着いた。
今回は個室ではなくドミを予約しておいたので、まぁ当たりはずれがあるので この後の事は何とも言えない。

部屋を開けると、誰もおらずガランとしていて 私は荷物を投げ入れた。
ちょっとしたファミリールームなのだろうか。 部屋にはキッチンとバスルームもあり 広々としていた。
とにかく久しぶりのベットなので 何もせずゴロンとしたいが、あと2、3日もすれば大自然の中に戻らなければならないので(震)、やるべきことをやっておかなければならなかった。
私は荷物から洗濯物を放り出して、隣のランドリーに駆け込んだ。(大げさ笑)

過去をさかのぼる事、ランドリーに関してロクな事がない。
なるべく個室の時に洗濯をしていたが、それでもクリーナーに服とハンガーを隠されたり チェックアウトの日に見つけたこともあった。
洗濯屋に出して、紺色カーディガンが きなり色になって戻ってきたこともあったし、ガイドの奥さんに頼んだら パンツ2、3枚なくなって、アイツが履いてたもの返されると考えたら 返せと言えなかったこともあった。

まだある。
バックパッカーのランドリーは絶対使わない。 
サンチャゴで南京虫に全身やられ 服全部洗えと宿の住人達に言われて洗ったが、クリーナーの女の服と何枚か入れ替えられ 気づいたときには深夜すぎで、そこから私の服が終わるまで更に時間がかかった。
それから他の人達を起こせないため、真っ暗な中ヘッドライトで洗濯物をたたんだ。(涙)

出来ればランドリーを使いたくないが、部屋のバスルームを占領することもできないし いつ洗えるの? 誰もいない今でしょ。
2台あって調子のいい方を使い、しばらくして見に行くと 白人の男が「洗濯機がうまく動かない。」と言って、ランドリーをたたいていたり ランドリールームを鍵かけたりして入れなかった。
あまりにも不機嫌で、こっちも「受付のおばちゃんに言えよ。」と言っても、知らぬ顔といった感じで、おかげで私は自分の洗濯ものを何度も 見に行かなければならなかった。

以前暮らしたシェアメイトのスウェーデン人によく似て嫌だったし、何かやりそうと思っていたが 案の定っ!
「それ、ワシのブラやっ!!!」と叫んだ。
男は洗濯機の上に乗せると「君の乾いてるから出した。」と言ってランドリーから手を出し、「触んなやっ!」パンツは死守した。

それ以外は特に問題もなく、部屋も私一人でノンビリできてよかった。
真夜中を過ぎるとうっすらと日に陰りがあり、同じノルウェーでも完全な白夜ではなくなった。
欧州の様な初夏を味わうこともなく、ここは未だに雨続きで朝晩冷え込み ミッドサマーまで2週間ほどあるため、今朝まで過ごしたロングイヤービエンでも 太陽も完全な円を描いて周回していない。

南から夏がやって来るけど、白夜は北からやって来る。
いずれ旅のどこかでミッドサマーに出会えるだろうと思って、私は一度もミッドサマーの日を調べなかったので、後日驚いた。

これでノルウェー南部とスピッツベルゲン(ロングイヤービエン)は終了です。
スウェーデンを旅したのちに、ノルウェー北部を訪れますのでお楽しみにしてくださいませ。

次回は、6月6日ノルウェー国境越えとスウェーデンです。



ユーチューブデビューしましたW



テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

2015北欧 | 22:45:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ